劇場版「機動戦士ガンダムSEED FREEDOM」見ました

 


リアルタイムに20年前にTVアニメ版SEED DESTINYでシン・アスカの名前が突然3番目に落ちたことに驚愕して最終回で絶望した当時のオタクです(自己紹介)。待ち続けた20年ぶりの続編ということで、もうどんなものをお出しされても成仏しよう……出てくれただけで偉いよ……という気持ちを持ちながらも初日のチケットを取り劇場に向かったのですがいやーーーメチャクチャ良かったです!!無事成仏できました!!!!

SEED色々な意味で個人的に相当モヤっとした気持ちが残ったまま終わった作品で(自分がシンのオタクだから特に……かとは思うけど、他のキャラのオタクも結構色々思うところはあったんだろうな…と思っている)、これまで二次創作やスパロボのif展開を通して色々自分を納得させてきた部分が多くて、それがとにかく1つでも公式で納得できる展開になってるといいな……という気持ちがあり、実際まあこういくつかツッコミどころが無くはないのですが、とにかくそういう気持ちを持ったまま20年間ゾンビを続けているオタクたちに対して作り手が「お前ら全員成仏させてやるよォ!!!!!!!」という強い気持ちを持ってアンサーを返してきた感が個人的にはかなりあり、もうその時点で凄く良かった。また、SEED・DESTINY両作で登場した殆どのモビルスーツ・ネームドキャラが何らかの形で登場(死んだキャラも会話のどこかで名前が上がったりしている)する物語で、お決まりの死亡シーンバンクとかやたらと回避するノイマンさんの操艦技術とかやたらミサイルが打ち込まれ極太核ビームで人類が吹き飛ぶ人類は愚か展開とかとにかくめちゃくちゃ種のお約束全部出します!!!をしてくる姿はもうとにかくひたすらに20年のブランクを感じさせないSEEDぶりで良かった。救われるオタクの生命がありました。

とにかくシンのオタクなのでまずシンの話するんですけど、DESTINYの時の家族の死に端を発したアベンジャー属性が無事に解除されており、今は隊長のキラさん好きすぎてめちゃくちゃお役に立ちたいヤンチャな駄犬になってるのめちゃくちゃ可愛かった。ツンがなさすぎてキラに対してもうちょっと禍根があってもよくない??と少し思ったもののまあなんかシンが幸せそうなので良いと思います。私どうしてもスパロボでの仲間にはなったけどちょっと手のかかる先輩たちを一歩引いた目で見てたり、キラとはあくまで目的の一致から共闘する相手でしかないが実力は信頼しているというスタンスを貫くシン・アスカの印象が強いので思ったよりアホの子になってるな!?という印象が強いんですけど……。あとキラに対してデレが強い一方でアスランに対しては未だに塩対応なシン可愛い。でもシンとの付き合い方がわからない感を出してるキラがアスランに助言を求めてパーフェクトコミュニケーション出す辺り、アスランって本当にシンの操縦方法をよく知ってる悪い男なんですよね……と納得してしまった。シンちゃんもこれは警戒しますわ。

(この辺めちゃくちゃスパロボのイメージなので実際のイメージとは違う場合があるんですが)インパルス→デスティニーと全レンジ対応型の機体に乗っていたシンがアスランから前衛特化機体のジャスティスを受け継いでいるのめちゃくちゃ面白かったし、こう微妙にモーションがあらっぽい感じなのとてもそれっぽいし、その反面後半でデスティニーガンダムをお出しされると目を輝かせて「ジャスティスに乗ってたせいで本気出せなかった!!」って言い放つシンめちゃくちゃ可愛いし、実際デスティニーに乗ってからの活躍が目覚ましかったので最高だし、ルナマリアさんと不器用ながらも彼氏彼女しながらも彼の士官室に置かれたマユの携帯、最後の最後で霊界通信してくるステラちゃん……とシンを支えた彼女達のこともちゃんと話に出してくれるのとてもよかったんですがステラちゃん……………………!!!?????????????????

あんなにコメディリリーフのキャラとして描かれるのに最後の最後で敵から「こいつの心の闇は深すぎる」って言われてしまうのなんとも言えない気持ちになりましたし、すでに心が壊れているからこそ「ああ」だったんじゃないか……というツイッターの考察にはちょっと納得できてしまうものがあって、そのへんはなんかこう……公式のフォローとかあるといいなとおもいました。特にシンがキラのことをどう割り切ったのかについてはやっぱり、フォローほしい気持ちある。まぁどうせまだまだ来場特典小説出すんでしょう!?

新キャラのアグネスとルナマリアの関係性が大変良かったんですが、最後に彼氏マウントを取りながらアグネスを撃墜してラストで機体を失って呆然としてるアグネスにインパルスで手を差し伸べるの、「どうよこれが私とシンがDESTINY最終回(※スペシャルエディション版)でやられたことよ!!!!!」というなにかの怨念を感じてよかったです。いやルナマリアさんはいい娘だからきっとそんなことは思ってないはずで単なる偶然だとは思うのですが……いやでも来場特典小説でアグネス視点から描かれるルナマリアとの関係めちゃくちゃ良かったので少しそういう点があってもおかしくないよな。

アグネスの救済シーンがまんまDESTINY最終回のスペシャルエディション追加カットだったことを考えると、あの最終決戦でシンがデスティニーに/ルナマリアがインパルスに乗り換えて戦うのは今度こそDESTINYで見せられなかった2人の大活躍を見せます!!!みたいな意図もあったのかなあと勝手に深読みしてしまった。いやでも新機体でこそなかったけど、デスティニーで大暴れするシンちゃんはまさにこれが20年前に見たかった絵面ですという感慨が余りある。最高でした。

一方、色々危なっかしいキラさんと今回色々な意味で渦中の人物だったラクス。事前に告知されたPVではキラ闇落ちか!?みたいな印象も受けていたので心配していたのですが、まさかの愛のパワーでキララク合体からの大逆転勝利!!!な展開になっていくのわけわからなくて本当に良かった。でもツイッターでクロスアンジュといわれてるのを見てからもうクロスアンジュにしか見えない。最終的にラクスを巡る恋の鞘当てラストバトルになるところとかたしかにクロアンだ。ていうかラクスの胸と尻どうしちゃったの!?クロスアンジュなの!?

有能だけど仕事を周囲に割り振れないキラさん、なんかわかんないけどなつかれてしまった部下のシンからの好感度を持て余してる感じで最後にアスラン達にアドバイスされてやっとシンにほしい言葉あげられたキラさん。有能だけど人付き合いが下手なオタク気質という感じで大変良かった。DESTINYで不惑のようにも見えてしまう彼が実はめちゃくちゃな無理をしていて、良くも悪くも仲間を信用できない(自分以外の人間はみんな弱いので守らないといけないと思っている)で息の出来なかったキラがアスランとの殴り合いを通して開き直ってラクスとの愛に生きる決意をする展開とても良かったです。キラ、今回の映画でも散々言われてるけど良くも悪くも実戦が凄いタイプで、リーダー適正のある人材ではないのよね。あとラスボスに全力でラクスマウント取りながらも君の気づかないくらい近くに君のことを思ってくれる人間がいるよ!みたいな一件説得シーンみたいなのあるのに結局ラスボスが最後にジュッって死ぬ所実にSEEDで趣深いです。

その一方で運命のキラに変わり不惑モードに入ってしまったアスラン、キラさんのどこか不安定な自己防衛のための不惑ではなくてマジで惑わないので凄い。運命のキラさんみたいになんでもかんでも出来るスーパーコーディネイター感凄いんだけど、ここまで最強になってしまうともはやなにやっても面白いのでズルいし、ただひたすらに強いのではなく対戦相手の思考を読む敵と戦うのに対応してカガリにジャスティスの操縦を任せて自分はエッチなカガリの妄想を繰り広げてる破廉恥ぶり本当にわけわからなくて後半本当に各所でアツい展開だったのに笑ってはいけないSEEDだったな。色々な意味でアスカガ派におめでとうございますと言うしかないレベルのイチャイチャぶりだったんですけど、色々な意味でメイリンさんが現在どういう立場なのか気になりました。(メイリンさん、ハッキング得意設定めちゃくちゃ生かして縁の下の力持ちとして大活躍してるの良かった)

新キャラは下野さん演じるラスボスが大変に良かったのですがそんなことよりめちゃくちゃ早口で技術の話する福山さんの新キャラのインパクトが強すぎた。あとアーサーめちゃくちゃ頼れる大人になったな……こえもなんか渋くなったな……とおもったらアーサーは全然変わって無くて見た目がちょっとにてる別キャラだったの笑った。


なんかとにかくとてもよかったし、来場特典小説は次もやるんじゃないかとおもっているのであと最低でも2~3回くらいは見る予定でいます。
反応
なにかあれば
  • 読んだよ(0)
  • 買った(0)
  • 気になる(0)
  • 好き(0)
  • いいね(0)
  • 面白かった(1)